0円導入を実現するという事

金利差がポイント

0円で太陽光発電を導入するということは、住宅ローンの金利を下げることで生まれた差額を使い太陽光発電を購入することです。

現在、住宅ローンを支払いされている場合、弊社がご提案する金利条件の良い住宅ローンに乗り換える事で、ほとんどの方が総支払額に大きな差額が生まれます。
そして、支払い総額が下がった分を購入資金に充てますので、実質0円で太陽光発電を導入する事が可能となります。

さらに、組み換えに発生する諸経費住宅ローンの借り換えで得た差額で相殺されますので、実際に現金のお支払いは発生しません。

弊社の専門知識を生かし、1人1人の状況に合わせ最適なご提案をしておりますのでお申込みいただいた方のうち、実に8割の方が0円で導入出来ております。

住宅ローン金利変更時のシュミレーション

住宅ローンの金利が変更になった場合、どれくらいの差額が発生するのか、過去のお客様の例を元にシュミレーションしてみました。

金利シュミレーション

  • 上記結果はあくまでも概算でありますので実際と異なる場合があります。
  • 別途、宅ローン組み換えに発生する諸経費が必要です。(もちろん諸経費も現金での支払いは、発生しません)
  • 実際には電気料金の削減や、電力会社による電気料金の買い取りなどで、ご負担額がさらに減る可能性があります。
  • 太陽光発電は住宅設備として、住宅ローンでの購入が可能です。

導入後の電気料金

太陽光発電を導入した場合に、毎月の電気代の削減でき、家計の高熱費削減の経済効果が見込めます。

また、現在発電して余った分の電気は電力会社が買い取りをしてくれるので、その場合、自宅の太陽光発電設備が、利益を生んでくれる形になります。

さらに、金利の差額内でオール電化も一緒に導入する事も可能です。
その場合、ガズ料金がかからなくなり、さらに経済効果が見込めます。

参考として東京電力からの電気料金の明細をご覧ください。

電気代0円+636円の利益

右の例の場合、支払い額が4,036円で電気を売却した額が4,672円となり、計算すると636円の黒字となります。
導入相談時には、お客様毎に太陽光発電導入後の毎月の電気代をシュミレーションしておりますので、お気軽にご相談ください。