太陽光発電のコストレベル

太陽光発電は年々グリットパリティに近づいています。

電力会社と同一の水準となる太陽光発電のコストレベルは、グリッドパリティと呼ばれているのですが、この状態に最も近い企業としてファーストソーラーを挙げることになるのですが、今後はグリッドパリティを巡る議論がなされなければなりません。

アメリカの太陽光発電産業に従事しているファーストソーラーが頭1つ分飛びぬけている形ですが、その座を狙って虎視眈々と準備し狙っている会社が存在知る中、どのようにその地位を守り続けるのかが見ものですし、太陽光発電の盲点を見つけ出しては改善していくための研究とマーケティングの工夫が必要になってきます。

シリコンバレー発の太陽光発電ベンチャーとして注目を集めているナノソーラー社やミアソール社、それからアリゾナ州のグローバルソーラー社、米国これらは太陽電池産業において力を持っている企業でして、各社とも気が抜けない状態です。

日本の太陽光発電産業に関しては、やはり何と言っても技術面における信頼性は世界で見ても高く、性能に関しても自身があるのですが、やはりマーケティングという面で若干海外の企業よりも劣るところがあるらしく、ちょっとした判断のミスから、一瞬にして崩れていってしまうもので、今後、日本の太陽光発電メーカーには大いに期待したいですし、一度失敗をしているので、教訓が生かされて世界に大きくアピール出来ることは間違いないと思っていますし、シャープさんには特に期待しています。

2011年09月13日 |

カテゴリ:太陽光発電


»
«