太陽光発電余剰電力買取制度

現在では、太陽光発電で発電した余剰電力を売る事ができます。

自宅の太陽光発電システムで発電した電力のうち、余剰電力を電力会社に売るという制度は、現状では電力会社にとって大きな負担となっているのですが、2009年に固定価格買取制度の導入が正式に決まり、余剰電力買取制度は義務化されるようになりましたが、買取水準も今の2倍となる予定です。

太陽光発電は、日照の長さによって制約を受けるので不安定な発電方法でもあり、例えば雲が通過して太陽光を遮ってしまうと、その間は発電量が激減してしまいます。

それを補うための電源が必要になってくるのですが、これは待機電源として電力会社が抱えることになり、太陽光発電だけでは賄えない家庭の電力をカバーします。

通常の自家発電の場合ですと、電力会社は自家発電補給契約を結ぶことによって費用を回収することが出来るのですが、太陽光発電の場合だと、このシステムが確立されておらず、ソーラー発電の設置が拡大するうえで、無視できない問題でもあります。

改善するための方法として、蓄電池の販売価格も低下させる必要があると思います。

2011年09月09日 |

カテゴリ:太陽光発電


»
«