各太陽光発電メーカーの特徴!!  三菱編

三菱のパネルについて

 今回は三菱のパネルについて調べてみることにしました☆

 三菱の太陽電池モジュールは太陽光から電気をつくるバス線という線の本数を2本から4本に増やすことで、電力抵抗が少なくなり大出力を実現しております。

 そして、パワコンの電力変換率は97.5%と業界最高のようです(^^♪ せっかく取り込んだ太陽の光が高い確率で電力に変換されないと意味がなくなってしまいますよね。

三菱の太陽電池モジュールには台形・ハーフモジュールがあるので屋根の形に合わせた設置が出来て屋根面積を最大限まで活用することが出来ます!

 こんな感じです♪

屋根に合わせてきれいに設置することが出来たり、面積の小さい屋根でもたくさんモジュールを乗せることが出来るのが人気のようです。見た目もキレイですよね☆

 また、三菱独自の防汚フレームにはフレームの四隅に水切りの加工が施されているので表面に付いた汚れやほこりを排出しやすくなっています。塩害地域標準対応なので耐久性にも非常に優れています☆

 これまで3社ご紹介してまいりましたがお気に入りのメーカーは見つかりましたでしょうか?これからも各社の特徴について調べてまいりますので楽しみにしていてください♪

2010年12月05日 |

カテゴリ:太陽光発電


»
«