東芝・家庭用太陽光発電システム参入

こんにちは!!

先日、新聞の発表もありましたが、東芝が家庭用の太陽光発電システムをこの4月より販売を始めます!、大手家電メーカーの参入です、期待も高まりますよね!!

気になります性能ですが、現在パネル変換効率では、三洋電機製のHITがパネル変換効率18.9%と国内最高水準です、これを東芝製単結晶パネルは21.5%と数値を見てもわかるように、大きく上回ります、これにはアメレリカのサンパワー社の技術、(※1)バックコンタクト方式が採用されているからなのです、これにより同じ単結晶方式でも2.6%の変換効率に貢献しているらしいです!

結果東芝パネルは、より狭い面積の屋根で、今までより大きな発電が得られる事となります、発売が楽しみですね!

(詳しいお話は、是非当社フリーダイヤルまでどうぞ!!)

*1.通常太陽光発電のパネルを近づいて見ますと、表面に長いハンダのラインが見えます、このハンダの影響でセルの出力は下がってしまいます、このハンダをセル表面から無くす事で、より効率の良い発電が可能になったのです。

2010年02月27日 |

カテゴリ:太陽光発電


»
«